カテゴリー別アーカイブ: 紙箱製作の豆知識

【ブックケースのデータ制作】印刷の向きと左開き・右開きについて

ブックケースの正面

ブックケースの印刷データ制作とケースの向きについての解説です。

ブックケースには左開きと右開きがあるのでセットする本の向きを必ず確認してからデザインを制作します。 続きを読む

【キャラメル箱のデータ制作】紙箱のデザインデータ制作と塗り足し

紙箱の仕上がりイメージ

紙箱のデザインデータに欠かせない塗り足しについての解説です。

塗り足しは印刷後の断裁、型抜き加工時に生じるズレで白(紙の地色)が出ないようにするために行います。

A4やA5に仕上げる印刷物の場合はトンボを基準に均等に3mm塗り足しますが、紙箱の場合は少し異なります。

続きを読む

紙箱の展開と用紙の紙目

紙目 T目とY目

紙には流れ目 紙目があり、長辺と平行に紙目が通っている紙(上画像の左)をたて目(縦目・T目)、短辺と平行に紙目が通っている紙(上画像の右)をよこ目(横目・Y目)と言います。

仕上がり時に長辺と平行に紙目が通る縦目になるようにしたり、型抜き・貼り加工の適正などを考慮して用紙や面付けを決めます。

続きを読む

【貼箱のデータ制作】テンプレートを使ったデザイン実例

カードゲーム・ボードゲーム用紙箱5

以前解説した貼箱の図面テンプレートを使ったデザイン実例をご紹介します。

貼箱は商品の化粧箱として使われることが多く、下画像のようにフタは商品名や印象的なグラフィックを配して身箱の底には商品説明やバーコードなどを入れるレイアウトが定番です。

続きを読む

【デザインデータ制作】箔押しのデザイン

塗り足しとハサミ

箔押しは銅版の熱と圧力で箔を紙に転写する加工で金属光沢を表現できるため高級感を付与できます。

ハンコや版画のような原理なので印刷とは性質が異なりデザインの際には注意が必要です。 続きを読む

【デザインデータ制作】紙箱(キャラメル箱等)と貼箱のニス版

塗り足しとハサミ

キャラメル箱や底ワンタッチ箱などの紙箱、貼箱とも全面にOPニスを施す場合はニス版の制作は必要ありません。

しかし、部分ニスを施す場合はデザインデータとは別でニス版の制作をお願いします。

続きを読む

紙箱の組立や商品セット作業

紙箱の組立て

納入させて頂いた紙箱は各お客様が組み立てや商品をセットしたり包装したり用途に合わせて作業を行いご利用頂いています。

しかし、組立箱の組み立て作業や商品のセットと包装紙で包むといった作業は慣れていても時間がかかります。

続きを読む

特色印刷での貼箱製作

特色印刷の貼箱

小ロット50個、100個から製作できる印刷仕様の貼箱は各種化粧箱やギフトボックスとしてご好評いただいております。

今まで、小ロット貼箱の場合は費用を抑えるためにプロセス4色オフセット印刷での対応でしたが、この度、特色印刷にも対応させて頂くこととなりました。

続きを読む