【1.色とは】 紙箱の配色テクニック

本日は『色とは』と題して
色についてのお話です。紙箱デザインの参考、ヒントになれば幸いです。

まず、色には無彩色と有彩色があります。
無彩色とは、白,黒,灰色のように色みが全くない色を指します。
有彩色とは、赤や青のように色みを持つ色の事です。

また、色は三つの要素から成り立っています。
明度、彩度、色相 の3つです。
これらを色の三属性(色の三要素)と言います。

次に 色の三属性についてひとつずつ説明します。

明度:色の明るさ

明度とは色の明るさの度合いを指します。
一番明度が高い色は白、一番 明度が低い色は黒、両者の中間は灰色です。
高明度,中明度,低明度 と三つの段階に分けることができます

彩度:色みの強さ

彩度とは色みの強さを表します。
もっとも色みの強い色を 純色(ピュアカラー)と言います。
彩度が高いと鮮やかな色になり、彩度が低いとくすんだ色になります。
高彩度,中彩度,低彩度と三つの段階に分けることができます。

色相:色みのちがい

色相とは、赤,青,緑といった色みの違いを指します。
「色あい」と呼ぶこともあります。

簡潔にまとめると

無彩色:色みを持たない色
有彩色:色みを持つ色

明度:色の明るさの度合い
彩度:色みの強弱
色相:色みの違い

とても簡単に『色』について
説明しましたがお分かり頂けたでしょうか?

次回は【2.色のイメージ】 紙箱の配色テクニックについてのお話です。

箱における配色のテクニックに関連したページ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*