【3.配色のテクニック】紙箱の配色テクニック

本日は『箱における配色のテクニック』と題して紙箱の配色のテクニックついてのお話です。

まず、最初に考えなければならないのが箱の中にある商品の用途、コンセプト、商品を購入するのは誰なのかということです。

商品を購入する人の割合が男性・女性で大きく差がある場合、いずれかに合わせ検討することも重要です。

  • ターゲットを男性に絞った商品の場合

男性は黒 赤 青などの大胆な色や黒が加えられたような影のある色を箱を好む傾向があると言われているのでそれをふまえた箱の配色を検討する。

  • 女性向けの商品の場合

ピンク 白 など柔らかで優しい印象を与えまた、白が加えられたような色調を好む傾向があると言われているので、そのような配色を検討する。

  • 子供向け商品の場合

子供が好む色は原色ですが、親が子供に与えたいと選ぶのは淡い色合いを好む傾向があると言う調査結果が出ているので、そのような配色を検討する。

また、ターゲットを男女年齢を問わない場合は、イメージや説得力で商品を選んでもらわなければなりません。

男女年齢を問わない例としては、薬の箱があります。
薬の箱は沈静色(寒色系の低彩度の色。色相では青・青緑など)を使用しているものが多くあります。
これは、沈静色には気持ちを落ち着かせる効果があることから薬の箱の配色として採用される事が多くあります。

つまり、紙箱の配色において考える際最も重要なのは、商品やそのブランドの 説得力、感覚、ムード、イメージを配色で表すという事です。

それでは、ターゲットを女性とした商品の箱を例として実際に箱の色を変えながら説明してきましょう。

1.グラデーション

グラデーションとは徐々に変化するという意味で、段階的にリズミカルに色を変化させて配列した配色。

2.セパレーション

配色の間に適切な色を差し込んで調和をはかる技法。

3.アクセント

単調な配色の中にアクセントカラー(強調色)を入れる技法。

4.レピテーション

レピテーションとは繰り返し・反復という意味で、2色以上を使った統一感のない配色に、一定の秩序に基づく調和を与えるための技法。
配色の技法の違いによって紙箱にも様々なイメージ変化が見られます。

カラーリングイメージ

紙箱の配色カラーが、商品のコンセプトとやイメージと一致し、商品の説得の役割を果たすことが出来ると考えます。

紙箱の配色についてとても簡単に説明していきましたが、ご理解頂けましたでしょうか?
商品の紙箱パッケージの配色を検討する際少しで参考になりお役に立てれば嬉しく思います。

箱における配色のテクニックに関連したページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*