貼箱の製造工程

貼箱はキャラメル箱などの印刷紙器や組立箱と比べ、部材が多く工程が複雑です。そのため、印刷紙器や組立箱より割高ですが、高級感があり、強度も優れています。

貼箱の構造と製作手順

貼箱は下の図のように、生地(厚紙の芯)と化粧紙(薄い貼り紙)から出来ています。

紙の断裁、抜き加工

加工された芯ボール

芯になる厚紙(裏白チップボール)は角をカットして折り曲げる部分には半切れ(ハーフカット、紙厚の半分くらいの深さまでカットする加工)を入れます。

カットされた貼り紙

貼り紙も角をカットします。

次に芯ボールの組立です。箱の4辺を立ち上げて箱型にして角をテープで固定します。

角をテープ止めした芯ボール

次は貼り紙と芯ボールの接着です。貼り紙の接着面全体に接着剤を塗布した後、貼り紙の真ん中に芯ボールで作った箱を載せます。

手貼りの場合は目視で見当を合わせます、自動機械貼りの場合はセンサーで位置を合わせます。

貼り紙に箱をセット

続いて下の画像のように箱の長手側面を貼ります。

箱の長手側面の貼り

長手の側面を貼ったら両端にある4箇所のベロ(のりしろ)を短手側の側面に貼ります。

ベロの貼り加工

次にベロの上に重なるように短手側面を貼ります。

短手側面の貼り

最後に芯ボールより上にはみ出している貼り紙を箱の内側に折り込んで完成です。

内側への折り込み

 

機械による貼箱製造

貼箱の機械貼り

貼り紙はニカワという糊が塗布されてコンベアー上を流れます。
2、 四隅止め機からテープでカドが留められた厚紙が出てきます。
3、 貼り紙の上に箱を正しい位置に乗せます。
4、 クルミ貼り機に引き込まれ、貼り上がります。

貼箱は厚紙を材料に用い、さらに化粧紙を貼り合わせるためとても頑丈な紙箱です。また高級感がありさまざまな形状、付属加工(布、ウレタン、リボンなど)が可能です。しかし製造工程が他の紙箱に比べ複雑なのですぐれた貼箱をつくるには知識とノウハウが必要です。

貼箱の製造工程に関連したページ