過去の制作事例 まとめ インロー式の貼箱

ウェブサイトリニューアル前の制作事例のうち、インロー式をまとめたページです。

インロー式貼箱

products4_a インロー貼箱

インロー

通常のインロー式貼箱です。

身が2つの箱で出来ている(2重構造)のでしっかりとした箱に仕上がります。箱の内側も黒い紙を貼ってあるのでより高級な仕上がりになっています。

インロー式の貼り箱はフタと内箱のバランスを調整してフタがピッタリ閉じずに隙間を空けて内箱を見せるスリット仕様やフタを繋げて一体化する蝶番仕様、蝶番仕様にリボンをつけて蓋を固定する、内装にサテン貼りの枠を入れるなど色々なバリエーションがあります。

インロー貼箱(リボン)

products2
身箱が浅く、フタが深いインロー式の貼箱です。

フタをリボンで固定してあるので一定の位置でフタが止まります。

身箱が浅いのでフタを開けた時に商品全体が見え、ディスプレイにも最適です。

通常のインロー式貼り箱にフタを身箱につなげるための背貼り、内貼り加工、フタを固定するためのリボン取り付けなど工程が多いため単価は高い形式です。

フタを閉めたときに身箱とフタがピッタリ合わさるには寸法精度が必要です。抜型なしで製造も可能ですが抜型を使用する場合と比べて精度は劣りますので仕上がりの完成度、寸法精度を高めるためには抜型の製作をお勧めしています。

インロー貼箱(サテン)

products6 インローサテン貼箱
インロー式の貼箱の背を貼り合わせて身とフタをつなげた貼箱です。

さらにサテン貼りのゲス(仕切り)を使用しています。

通常のインロー貼り箱に合紙加工(フタ裏の貼り)、サテン内装、フタを箱に繋げる背貼りを追加した最高級と言える仕様です。

内装の構造によって抜型無しで製造できる場合もあります。

かぶせ式の貼り箱と比べ単価の高いインロー式にフタを繋げる加工、手作業でのサテン貼りなどコストのかかる追加加工を行うので相応の単価になります。

そのため用途は高級品など販売価格が高い商品に限られています。

主にブライダル関係のアルバム、DVDやグラスなどのガラス製品、その他高級品のパッケージにご利用頂いています。

インロー貼箱(スリット)

products11 インロー貼箱スリット

products11-2

products11-3-150x150
フタを閉めた時にインローが少し見えるスリット仕様のインロー貼箱です。

内箱の部分(画像の金色部分)をフタより長くするか、フタに中枠を入れることで隙間(スリット)をつくります。

画像の箱はインローが深くなると見栄えが悪かったため、フタに中枠をいれてフタが最後まで閉まらないようにしています。

インロー蝶番貼箱

SA330047

赤い植毛素材の中枠が入ったインロー式でフタをつなげています。

身、蓋の深さ以外が同寸法で、身、蓋は重なり合わず、インロー(中わく)に蓋がかぶさる形式です。

身と蓋を貼り合わせる行程が手作業になるため、ロットに関わらず、少々単価は高めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*