貼箱の入稿時の注意事項

貼箱の入稿時の注意事項

貼箱のデータ制作

貼箱をご依頼頂く際、基本的にはデザインデータはお客様側で制作して頂いています。

入稿データは手直し等は行わず、そのまま印刷するので以下の内容をご確認のうえ、データ不備のないよう入稿をお願いします。

フォントのアウトライン化・カラーモード・保存形式

イラストレーターの 書式メニュー→フォント検索 や 選択メニュー→オブジェクト→テキストオブジェクト でアウトライン化されていない文字が無いか確認してください。

RBGモードでも印刷可能ですが、色味や小さい文字の見え方に問題が生じたり、初回と再版時の色の安定性の問題があるのでCMYKモードで制作をお願いします。

入稿データはai形式(フォトショップの場合はeps)で保存してZIP圧縮してお送り下さい。

CAD環境でのサイズ確認を行うためCS6形式で入稿して頂くか、入稿データとは別に確認用CS6かPDFを付けて下さい。

トンボと図面の罫線

テンプレートに含まれるトンボはカット、加工する際の目印なので改変、削除せずに入稿して下さい。

また、塗り足しは適正な幅に留めて、トンボが塗り足しで隠れないようにして下さい。

トンボと塗り足しイラストレーターで制作の場合はテンプレートをそのままお使い頂ければ図面の罫線はガイドになっているので問題はありませんが、フォトショップの場合は図面の罫線が黒い実線になっています。

aiとeps,psdのテンプレート

入稿時は図面の罫線を削除して印刷する絵柄とトンボのみにしてください。

リンク画像とその他

画像のリンク切れにご注意ください。

環境の違いにより文字化けや正しくリンクが表示されない場合があるのでフォルダ名、ファイル名、画像名には機種依存文字、半角カナ等は使わず、英数字のみでファイル名を付けて同一フォルダの同階層にまとめてください。

各種解像度やオーバープリント、レイヤーオプションの「プリント」チェックなど仕上がりに大きく影響する設定は必ず確認のうえ入稿をお願いします。