料理人はどこへ消えた?貼り箱とカード印刷

料理人はどこへ消えた?貼り箱とカード印刷

NSGクリエイト様にご依頼頂いた「料理人はどこへ消えた?」のご紹介です。

箱の仕様

箱は1mm厚芯ボールと印刷紙を貼り合わせる構造の貼り箱です。

料理人 貼り箱の身と蓋

料理人 貼り箱 仕切り

寸法は63x89mmカードが2列入る大きさでフルカラー印刷、表面加工は施していません。

仕切りは両面白で約0.4mm厚の厚紙を使っています。

画像のような山折り、谷折りの仕切りは300枚位までは抜型無しで指定サイズで製作できます。

箱の表面加工と色落ち・色移りについて

通常、それほど心配はありませんが、色落ち・色移りを防ぎたい場合はツヤを出して表面を保護する場合にはUVニスを、ツヤ感は必要無い場合はOPニスをご検討ください(OPニスは塗膜が薄いため、あまりツヤ感はありません)

貼り箱の表面加工はエンボスと組み合わせる事もできるUVニスが高級感があり、おすすめです。

濃色の箱に白いカードを入れる場合等はUVかOPのどちらかのニスを加工すると安心です。

カードの仕様

料理人 カード印刷 全体

※撮影用にカードを並べた物で実際の遊び方とは異なります。

カードは63x89mmサイズ、64枚/1セットで古紙層を含まない高級厚紙(約0.27mm厚)を使用して両面オフセットフルカラー印刷で表面加工は格子エンボスを施しています。

カード印刷の拡大 表

カード印刷の拡大 裏面

断裁+角丸加工ではなく、金型で抜く(1工程で外周カットが仕上がる)方法を採用しており、カードサイズ・角の形状が均一でバリ(つなぎ)の無い綺麗な仕上がりになります。

在庫型があるサイズであれば型代はかかりません。

加工時に切断面、端のインクがわずかに欠けたり、割れたりする場合がありますが両面PP加工で防ぐことができます。

両面印刷・断裁・型抜き加工の際にズレが生じるので枠を付けた場合はズレが目立ってしまう場合があります。