紙箱、貼り箱 パックス・エム

紙箱は商品の保護、保管、輸送に欠かせないものであり商品の顔です。

紙箱の中身を保護できる強度や形状、またディスプレイ効果に優れたデザインなどが求められます。お客様の商品や用途に応じて最適な紙箱をご提案させて頂きます。

魅力的なパッケージを製作するために貼箱、印刷紙器、組立紙箱など紙箱のサンプルや材料の見本を多数取り揃えております。

top

貼箱は小ロット(基本的には50個~)から大ロットまで製造致します。対応可能な数量は時期によって変動しますので、お問い合わせ下さい。

またロゴなどの箔押しも小ロットから可能です。その他の形式のパッケージにつきましてはお問い合わせフォームからお問い合わせください。土、日、祝日を除き当日~3営業日以内にご連絡致します。

紙箱、貼箱の価格

紙箱の価格は、形式、寸法、印刷の有無、箔押し、表面加工、ロット、また抜型が必要な場合は抜型代などすべての要素を明確にしなければ適正な価格を算出することができません。

お見積はこちらからお問い合わせください。

印刷紙器

印刷紙器はコートボール、カード紙などの厚紙に直接印刷、表面加工を施し、抜型で型抜き、糊しろを貼り合わせた紙箱です。折り畳んだ状態で運送、保管できるためかさばりません。

キャラメル箱、底ワンタッチ、下組箱などいろいろな種類があり、食品用、化粧品などさまざまな用途がございます。

  • キャラメル箱

キャラメル箱 フタ開き キャラメル箱 展開

キャラメル箱は間口が両方とも同じ形状になっている紙箱です。形のうえではフタ側、底側などの区別がなく、どちらからでも商品を封入できます。

フタ、底部分も絵柄をデザインする場合や左右対称のデザインに適しています。

底部分が若干膨らむので縦向きのデザインで底面を下にして箱を立てるディスプレイの場合、不安定な場合があります。この場合は下組箱(地獄底)、底ワンタッチ箱が適しています。

キャラメル紙箱について

  • 下組箱(地獄底)

地獄底 展開 地獄底 フタ開き

下組箱は地獄底とも呼ばれる形式で底の4辺を組み合わせて底をロックします。

底面はキャラメル箱のようなふくらみが出ないので箱を立て易く、縦方向のデザイン、ディスプレイに向いています。

貼り加工はキャラメル箱と同じくサイドのノリしろ接着だけなので箱単価はキャラメル箱と同じ位です。

下組箱(地獄底)について

  • 底ワンタッチ箱

底ワンタッチ箱 フタ開 底ワンタッチ箱 底面

底ワンタッチ箱は形状、適正とも下組箱(地獄底)に似ていますがサイドのりしろに加え、底面の2か所が接着されている紙箱です。

折り畳んだ状態で接着されているので箱を引き起こすだけで箱形になります。

サイドののり代、底面2か所を接着するため単価はキャラメル箱、下組箱(地獄底)より高めの形式です。

底ワンタッチ紙箱について

組立紙箱

組立紙箱は抜型で打ち抜いたものを糊を使わず、組立によって製函する紙箱です。贈答用などに使われます。

  • 組立紙箱/C式

組立箱 身 組立箱 側面

身、フタかぶせ式の組立箱です。詰合せ、ギフトボックスなどによく利用される形式です。

身箱をE段製にすれば重い商品でも箱がたわまず綺麗に包装できます。お中元、お歳暮のギフトボックスでよく見られる仕様です。

同じような形状で両サイド貼り組立箱もあります。こちらは2か所が接着してある組立箱です。

複数の商品を納める場合は箱の中には仕切りを入れて各商品を固定します。

製作事例 【2個入紙箱】お歳暮、お中元ギフトボックス

組立紙箱 C式について

  • 組立紙箱/N式

n-carton1

フタがつながった形の組立箱です。厚紙や1.5mm厚段ボール Eフルートなどで製作します。

Eフルートを使用した場合は発送用の箱として利用できます。A式段ボールより見栄えの良い発送箱に仕上がります。

厚紙と段ボールを合紙した片段合紙の箱にも利用されています。

組立紙箱 N式について

貼箱

貼箱はチップボールなどの厚紙に化粧紙を貼った紙箱で、高級感があり、とても頑丈な紙箱です。

印刷や箔押しをすることで美しいオーダーメイドの紙箱に仕上がります。またサテンを貼ったり、リボンをつけるなどの加工や特殊な形状の貼箱も製造致します。

和・洋菓子、健康食品、化粧品などさまざまな用途がございます。貼箱は100個から製造致します。

※現在丸箱は受注を見合わせております。

貼箱について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>