組立箱/C式

組立箱は下図のように納品時は展開の状態です。ご利用の際に組み立ててお使いいただくタイプの紙箱で、のりを使わず組み立てることが出来ます。

kumi

材料にはコートボール、カード紙などの板紙がよく使われます。

組立箱 身 組立箱 フタ 組立箱 側面

身箱にE段(1.5mm厚の薄いカラー段ボールシート)を使用すると緩衝性があり、たわみに強い軽量な紙箱に仕上がり缶詰、ビン詰め商品など重い商品のパッケージにも利用できます。

贈答用や詰合せボックスなどに使われる場合が多く、貼箱と比べると強度、高級感では劣りますが量産時のコスト、保管、在庫管理のしやすさ、大きい箱でも製造できる等の点から多くの商品に用いられています。

組立式なので数量が多くてもかさばらず、仕切りや中枠の変更で複数の商品と共用化することもできる便利な形式の紙箱です。

折り目には筋やミシン目がついているので簡単に組み立てることができます。

組み立てると下の画像のようになります。 用途に合わせて仕切り、中枠を入れる場合が多いのですがタオル箱など四角い商品で1個入りの場合などは紙箱に仕切り中枠無しでも使用できます。

kumi-1[1]

※この箱の最小ロットは無地、印刷とも100個からです。また、受注生産のため既製品はございません。

C式 組立紙箱の組立動画

C式の組立動画です。音声なし、映像のみで再生されます。

紙箱の組立や商品セット作業 アッセンブリー作業について

組立紙箱/C式に関連したページ