【製作事例】ステッチャー留め 簡易・機械箱

ステッチャー留め簡易・機械箱

箱の4隅をホッチキス留めしたような構造の紙箱です。小ロット50個~200個位の場合は抜型を使用せずに製造できます。

角をステッチャーで固定するというシンプルでどこか懐かしさを感じさせる雰囲気の紙箱です。昔の紙箱にはよくラベルが貼られていました。

ラベルを作ってフタに貼ればさらにレトロ調に仕上がります。または顔料箔での箔押し、空押しで刻印を入れる方法やスタンプを押しても良い雰囲気に仕上がります。

顔料箔は艶の無い箔で細かい文字、細い線の再現性がメタリック箔と比べ劣ります、箔のつぶれや欠けなどの個体差が古い感じ、レトロ感に繋がります。

使用する材料はクラフトボールや薄手のチップボールなど古紙を使った素朴な質感の紙が良く合います。

紙の質感

50個~200個位での単価は貼り箱と比べれば大分お安く作れますが手作業で断裁、折目のスジ入れ、角のカットを行い、身4か所、フタ4か所の角を1つ1つステッチャー留めしていくので安い紙箱ではありません。

コスト重視で箱単価を安く収めたい場合は抜型が必要ですが300個、500個位のロットでキャラメル箱をお勧めしています。

小ロットでレトロ調のかぶせ箱を型無し、初期費用を抑えて作りたいといったご希望にはぴったりマッチする形式の紙箱です。

紙の選定、デザイン次第でギフトボックス、各種商品パッケージ、部品箱、保管箱など色々な用途にご利用頂けます。

箱の寸法はカードサイズ位の小さい寸法から大きいサイズまで対応できます。箱の深さは最少15~16mm位です。

【製作事例】ステッチャー留め 簡易・機械箱に関連したページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*