【デザインデータ制作】箔押しのデザイン

【デザインデータ制作】箔押しのデザイン

箔押しは銅版の熱と圧力で箔を紙に転写する加工で金属光沢を表現できるため高級感を付与できます。

ハンコや版画のような原理なので印刷とは性質が異なりデザインの際には注意が必要です。

文字と線の大きさ、太さ

箔押しは小さい文字、細い線は潰れたり、かすれてしまいます。

フォント、デザインにもよりますが、文字の大きさは6ptから7pt以上、線の太さは1pt以上をお勧めします。

大体の目安として6ptのゴジック体ひらがなで縦横が約2mm弱、1ptの線は約0.4mm位の太さです。

箔押しに適さないデザインとデータの作り方

白抜き文字やベタ(塗りつぶし)、細かい絵柄は箔押しには適しません。

箔押しに適さないデザイン

抜き文字の輪郭が潰れたり、ベタがかすれてしまいデザインを綺麗に再現できません。

また、印刷と比べ、ズレが生じやすい加工です。

印刷合わせや箔押し2色使いの場合は重なりを付けて下地が出ないようにします。

箔押しと印刷の重なり

ぼかしやグラデーションは再現できないのでデータはK100%で制作してください。

関連したページ

【デザインデータ制作】カラーモードとアウトライン... 今回は紙箱のデザインデータにたまに見られるデータ不備、設定ミスについてです。 カラーモード CMYKとRGB 紙箱の印刷に使用するデザイン...
【デザインデータ制作】特色インキでの印刷... 特色印刷 前回の【デザインデータ制作】 網点についてに続いて今回は特色インキでの印刷について解説します。 プロセス4色の掛け合わせで紙箱の地色...
【デザインデータ制作】 網点について... 濃淡を調整する網点 デザインデータを制作する際に同じ色で濃淡を付けるケースが良くあります。 例えばある絵柄の色をK(黒)100%の真っ黒にして...
貼箱の印刷・箔押しレイアウトとズレ... 貼箱にロゴ、文字を入れる場合、全面デザインの場合は印刷、ワンポイントには箔押し(ホットスタンプ)がよく用いられます。 小ロットから対応可能でオリ...
色校正の種類 本機・平台・簡易校正... 色校正は本番の印刷前に色、印刷内容を確認するために行う見本印刷のことです。 本番同等の仕上がりの本機校正、本番の紙・インキを使った平台校正、低コ...