パッケージデザイン、データ入稿について

  • デザインデータはメール、データ転送サービスにて入稿をお願い致します。
  • データ改変などトラブル防止のため、入稿データの微調整・修正は行わず、そのまま印刷致しますので、デザイン制作をご依頼頂いていないお客様は完全データの支給をお願いします。
  • 過激な表現が含まれる場合など内容によってはデータチェック後に印刷をお断りする場合があります。
  • 展開図、テンプレートについてはご注文後にご用意いたします。
  • ロゴのみ、社名のみなど簡素なデザインの場合はデザイン費用を頂かずに進行できる場合もありますのでご相談ください。

データの保存形式

イラストレーターのai、フォトショップのepsで入稿してください。

文字化けなどのトラブルを防ぐためにファイル名、リンク画像には日本語を使わず半角英数字で保存してください。

フォルダに半角英数字でフォルダ名を付け、同じ階層にデザインデータ・配置画像・確認用スクリーンショットをまとめてZIP形式で圧縮してください。

フォント(文字)、カラーモード、塗り足しについて

フォントはすべてアウトライン化してください。

カラーモードはCMYKになっていることをご確認下さい。(RGBモードの場合はCMYKに変換して印刷します)

一部アプリケーションではCMYKモードが設定できませんが、色の再現性、再版時の色味の安定などの点からなるべくCMYKモードでの入稿をお願いします。

画像を貼り込んだデータの場合は、リンク画像データも一緒に入稿してください。

見本としてスクリーンショットをデータと一緒に入稿してください。

データ作成の際、柄やベタが左右上下いずれかの端まで入ってるパッケージデザインの場合、塗り足しをしておいて下さい。

※塗り足しやテンプレートについてはカテゴリー デザインデータ をご確認下さい。

色校正

色校正を行うことで画面上では気づかなかったミスや改善点が見つかる場合があります。

費用がかかる工程ですが、なるべく色校正のご確認をお願いします。

パッケージデザイン、データ入稿についてに関連したページ