貼箱の図面テンプレート

貼箱の図面テンプレート

印刷仕様の貼箱デザインに使用する図面テンプレート

弊社では上図のような貼箱図面テンプレートをご用意しており、芯ボール1mm厚、1.3mm厚、1.6mm厚用があります。

紙厚によって外寸が異なるため内寸・外寸差を考慮しています。

ご用意する図面テンプレートはトンボ以外の線をすべてガイドに変換した状態なのでイラストレーターのガイドを表示してレイアウト枠を確認してください。

また、すべてのレイヤーがロックされていますのでデザインは新規レイヤーを作成して作業をお願いします。

デザインを乗せる領域はフタ、身箱とも天面及び底面と側面4面です。

貼箱テンプレート2

フラップは「のりしろ」のような部分なので短辺側面の下に潜り込んで見えなくなり、内側への折り込みは箱の内側へ入るのでフタをした状態からは見えなくなります。

貼箱テンプレート3

再現が難しい貼箱デザイン

複数の素材をカットして貼り合わせる貼箱の構造上、以下のようなデザインは再現が難しいです。

貼箱テンプレート4 枠

抜型と貼り木型を使用して全自動機械貼りできる仕様なら十分綺麗に仕上がりますが、印刷・型抜き加工・貼り加工 各工程でのわずかな誤差が影響するため、位置合わせセンサー付きの全自動貼りでもズレ幅ゼロは不可能です。

良く見られるデザインですが天面ぎりぎりに枠を付けると僅か1mmのずれでも目立ちます。側面をつなげるデザインは箱の角のつなぎ目がずれて綺麗につながらない場合があります。

小ロット手貼りの場合や機械貼り出来ない寸法・仕様の場合は、このようなデザインは避けたほうが無難ですが、枠、側面つなぎを採用する場合はズレが生じることをあらかじめご承知おきください。

貼箱以外の紙箱(キャラメル箱など)とは少し勝手が違いますがデザイン段階からサポートいたしますのでご相談下さい。

関連したページ

貼箱の印刷・箔押しレイアウトとズレ... 貼箱にロゴ、文字を入れる場合、全面デザインの場合は印刷、ワンポイントには箔押し(ホットスタンプ)がよく用いられます。 小ロットから対応可能でオリ...
貼箱 抜型有、無しの差... 貼箱の貼り紙は抜型で抜き加工を行う場合と断裁と専用の機械で角を切り落として仕上げる場合があります。 上画像の左が抜型仕様、右が断裁仕様の...
貼箱のデザインと制作の進め方... 貼り箱は芯ボールの厚紙と表面に貼る紙(薄紙)を貼り合わせて箱の形にする構造上、通常の印刷紙器とはデザインを制作する方法や注意点が異なります。 新...
背丸のブック型貼箱... 通常のブックタイプ貼箱は角背ですが、こちらの箱は本のように背が丸くなったブック型の貼箱です。 貼箱の身(下箱)と上製本の表紙のような部材を組み合...
引き出し箱(貼箱+小口折りブックケース)... 身箱を手前に引き出して開ける160x100x25mmサイズの紙箱です。 身箱は貼箱で外ケースには小口折りブックケースを組み合わせて製作しました。...