色校正の種類 本機・平台・簡易校正

色校正の種類 本機・平台・簡易校正

色校正は本番の印刷前に色、印刷内容を確認するために行う見本印刷のことです。

本番同等の仕上がりの本機校正、本番の紙・インキを使った平台校正、低コスト短納期で仕上がりイメージを確認できる簡易校正 デジタルプルーフの解説です。

色々な色校正 本機校正・平台校正・簡易校正

色校正には色々な印刷方法があります。

本番の印刷機で刷る本機校正、色校正用の印刷機で刷る平台校正、デジタル印刷機で刷る簡易校正があります。

本機校正

本機校正

本機校正は実際の印刷機で印刷する色校正です。

本番と同じ印刷機、インキ、用紙を使用するので本番とほぼ同じ仕上がりを確認することができます。

本番同様の工程なので費用が高い方法ですが、最も再現性の高い色校正です。

紙箱(印刷紙器)・貼箱とも、厳密に仕上がりを確認したい場合におすすめです。

平台校正

平台校正

平台校正は文字通り、平らな台の上に紙をセットして印刷する方法です。

濃度とドットゲインを適正に管理しながら、本番と同じ紙、インキを使って1色づつ位置を合わせて印刷するので職人の熟練の技が必要な色校正です。

本機校正と比べ、少ない材料で印刷でき、本機校正よりも低コストで本番に近似した風合いや色味を確認できます。

特色1色、2色の印刷紙器の色校正におすすめです。

低コストで本番にかなり近い仕上がりを確認することができます。

簡易校正 デジタルプルーフ

簡易校正 デジタルプルーフ

簡易校正はデジタル印刷機で本番の紙に印刷する色校正です。

本番とは印刷方法もインキも異なりますが、カラーマッチングによって本番の印刷に色を近づけているので実際の仕上がりに近いイメージをご確認いただけます。

最も多くご依頼いただく色校正です。

本機、平台と比べ大幅に安いので手軽に仕上がりイメージを確認することができます。

紙箱(印刷紙器)・貼箱ともプロセス4色の場合は簡易校正がおすすめです。

※本機校正、平台校正、簡易校正とも本ページの画像とは異なる機種で印刷する場合もあります。